ホーム » 施工例 » エクステリア » 佐賀県鳥栖市・S様邸 白樺の木立が迎える、レンガの小道をゆく石積みの庭

佐賀県鳥栖市・S様邸 白樺の木立が迎える、レンガの小道をゆく石積みの庭

S様のお宅は、年代を問わず人気上昇中の平屋建て。
住居としてのメリットの多さによくスポットが当たりますが、比較的広い面積が確保できる、中庭が作れるなど、お庭を造る上でも多くのメリットがあります。


DSC_6905h
そんな平屋ならではのメリットのひとつ”家の前に広がる庭を見渡せる”、S様邸のお庭をご紹介します。

駐車スペースと庭部分を門塀で区切ったセミ・クローズのS様邸。
駐車スペースは、コンクリート舗装と黒のコンクリート洗い出しを放射状に切り替えてデザインしました。
アクセントとなる枕木の飾りは、カーポートまわりのモダンなイメージを中庭のナチュラルなイメージへとつなげ、駐車する場所のガイドにもなっています。


DSC_6911
カーポートはLIXIL アーキフラン レギュラー。
デザイン性が高く、機能性や丈夫さも兼ね備えたタイリッシュなカーポートです。後方の柱で屋根を支えているので、車の乗り降りもスムーズで開放感があり、周囲のエクステリアに違和感なく馴染んでいます。


DSC_6907h
コンクリート洗い出しとコンクリート舗装の中からはじまるラジャストーン、フランドルポルフィードのアプローチが、白い門から庭へと続きます。
左手の門には、石積みの花壇を設けました。敷地境界へぐるりと回りこみ、庭の土留めの役割も果たしています。

植栽は雑木や下草を中心に、山の明るい小道を歩いているようにイメージしました。


DSC_6920
塀に使用した建材は、レンガの明るいオレンジに色を合わせたスクエアな割肌デザインの化粧ブロック。
塀の一部に空洞レンガを積んで、採光と通風を確保しています。
目隠しをしつつも閉塞感のない、明るい印象の壁になりました。


DSC_6908h
ブルーのサインが映える白い漆喰風の門が、ナチュラルカラーのファサードを明るい印象にしています。門扉は設けず庭を見通して奥行き感を出し、より広く見せています。

門の一部を石貼りの壁にして、左手のコバ積みの花壇との統一感を出しました。


DSC_6917
熊本県の鹿北石の小端石を積んだ石積み花壇。モルタルが見えないように、深目地にしています。

厚みや大きさの違う石を小口を見せバランス良く組みあわせていくのには、テクニックが必要です。

オタフクナンテンが真っ赤に色づけば、渋いサビ色の石との美しいコントラストが見られるでしょう。

来客された方が、あたかもちょっと旅行に来た気持ちになるのではないでしょうか。


DSC_6918
加工されていない石の天然の質感と色は景観とのなじみもよく、高級感を感じさせてくれます。ひとつひとつの石の歴史を感じながら、大切に積んでいきます。


DSC_6909
アプローチは、ナチュラルな表情と自然な色合いが魅力の天然石のラジャストーン、フランドル ポルフィードを敷いて、アプローチの小道を作りました。

まだら石特有の色調、色幅で上質感のあるアプローチに仕上がりました。ナチュラルながら、クラシカルで、品のある印象を与えてくれます。

門の外の花壇から続く石積みは、土留めとなって庭へ回り込んでいます。
敷地の高低差を利用して土を盛り、高さに変化をつけた広い植え込みスペースになっています。

小道の奥に見えるのは、シラカバ・ジャクモンティ。
暖地向きではない白樺ですが、この品種はここ九州でも白樺らしい美しい幹の白さを保ってくれています。


DSC_6910
思わず中に入っていきたくなる、開かれた印象の涼やかな風が吹きぬけるアプローチ。

木が育ち、レンガの小道に大きな木陰を作る未来が間近に来ています。
奥に長い平屋建ての家からは、南に面したどの窓からも、この自然の景色を楽しむことができます。

アプローチ沿いの植え込みには、ところどころに小松石、根府川石 を入れて山地の雰囲気を出しています。

下草にはシラン、フッキソウ、ヤブランなど在来のもののほかにアジュガやプミラなどの地植え可能な洋種も加えています。
その土地で共存できるものたちを集めて、ひとつのスタイルにこだわることのない自然な景色を作っています。

新しくなったお庭で、楽しく健やかな時間を過ごしていただけたら嬉しいですね。



安心してご依頼いただくために私たちが大切にしていること


親身なお打合せ


分かりやすい図面での
ご提案


ご予算に対するベストな
ご提案


植木や草花の魅力を
最大限に活かす


施工時マナーの徹底


アフターサポート